2020/04/08 17:36

ただいまルルルでは人気の雑貨ブランド〈サルビア〉の春らしいアイテムを集めたフェアを開催しています!

東京・蔵前にアトリエをかまえるデザイナー・セキユリヲ主催の雑貨ブランド〈サルビア〉。「古きよきを新しく」をテーマに日本国内の伝統工芸や地場産業など作り手たちのこだわりの技術を生かしたものづくりをしています。今回のフェアは「春のおでかけ展」と題し、春のワクワクする気持ちとともに身につけたくなる刺繍のバックやブローチ、軽やかなストールにふんわりくつしたなど春らしいアイテムをご用意いたしました^^定番でお取り扱いのある「ふんわりくつした」「刺繍ブローチ」に加え、フェア限定で刺繍の帆布バックや軽やかなストールも並びます。

【サルビア 春のおでかけ展】

会期:202043()412()

場所:新潟市美術館ミュージアムショップ ルルル

営業時間: 9:3018:00 

定休日:月曜

---

フェアの様子とともに、ワクワクする気持ちになれる商品の一部をご紹介していきますね^^お買い物の参考にぜひご覧ください〜!!

↓↓↓


店内の雰囲気もとても春らしくなりました!窓からぽかぽかとあたたかな光が入ってきて心地よい空間になっています。


強度のある「帆布」を使用したバックたち。水や汚れに強く自立できるほどの厚みを持っています。刺繍は新潟県五泉市の「塚野刺繍」さんが制作しています。刺繍専門の工場だからできる丁寧な刺繍はまるで手刺繍のような風合いです。こちらはフェア限定商品となります^^
今治タオルの専門店「伊織」さんとつくったコットン素材のふるゆわマフラー。普通のタオルの倍の密度で織り細かい柄を表現しています。両面使いできるのも嬉しいですね!これからの季節にピッタリで小幅でコンパクト。お出かけ用のストールとしてはもちろん、冷房対策にも◎普段使いに便利なアイテムです。ふるゆわマフラーもフェア限定商品となります。

織りの産地、兵庫県西脇の遠孫織布さんとつくったグランマストール。「北欧のおばあちゃんがしているようなぬくもりのある織りのストールがつくりたい!」という想いから生まれました。大きさは2種類あります。
左写真:シングルサイズは肩がけショールとして楽しめるサイズ。約45×200㎝
右写真:ハーフサイズは首に一巻きできるサイズ。約32×145㎝

コットンとウール糸を使ったさらりとした質感と滑らかな手触りを店頭で試してもらいたいほどです^^あたたかく柔らかく織り上がったストールはちくちくしないのもポイントが高いところ!

旅で見た景色や思い出をテーマに、オリジナルの図案をのせた旅するスカーフ。ふわりと柔らかい風合いが魅力のインド綿を使用しています。

インドの工房で色ごとに木彫を彫り、1版1版木版をプリントして作る「ブロックプリント」と呼ばれるインドの伝統技法でプリントされました。優しい色合いが楽しいスカーフです^^

定番でお取り扱いのある「ふんわりくつした」は春の新柄「TANE」と「ブルーミング」の新色が登場しています!五泉市の「塚野刺繍」さんが制作している「刺繍ブローチ」もお楽しみくださいね。


新潟市美術館では「蔵出しコレクション 草間弥生+アメリカに渡ったアーティストたち」を開催中。会期中のみ草間弥生グッズや関連書籍が並んでいます。新潟市美術館限定販売のオリジナルの「ポストカード」と「クリアファイル」も好評販売中です。草間彌生+展、フェアとも今週末412日(日)までの開催です!

ご紹介の商品は品切れの場合もございます。ご了承ください。


ルルルの最新情報はSNSをチェック!

Twitter:https://twitter.com/lululu_niigata

Facebook:https://www.facebook.com/lululu.niigata/